清涼感のあるユーカリ・グロブルスの精油

絶大な生命力を持って繁栄してきた植物

清涼感のあるユーカリ・グロブルスの精油 header image 2

主要成分の1,8-シネオールとは

2014年03月17日 · コメント(0) · 未分類

ユーカリオイルは、主要成分を1,8-シネオールとして65%から70%が含まれています。
特にユーカリ・グロブルスにはその含有量が多く、約80%以上ということ。
この成分は粘膜の炎症を抑え、免疫細胞の働きやバランスを整える作用があるとされています。
また細菌やウイルスの増殖を抑えるといったことから、感染症予防にも用いられます。

 
気管支炎や副鼻腔炎、風邪の症状には鼻やのどの痛み、痰が伴いますが、これらを緩和するのにも有効なものとなります。多くの医薬品にも用いられています。
近頃では花粉症の症状の緩和にも、ユーカリオイルが支持されているのです。
アルコールと混ぜて、部屋に散布するなどにも使われます。ただしこれらを約80%以上含むと、刺激は強くなります。
家庭でユーカリ・グロブルスを用いる場合には、お湯に精油を数滴たらしてその蒸気を吸い込む、タオルやティッシュに含ませてその香りをかぐ、オリーブオイルなどとませて湿布するなど、直接肌に塗ることはしません。
濃度が高いと、ひりひりしたり肌が赤く荒れたりといった症状が出てしまいます。
てんかんや高血圧の方の使用は、避けなければなりません。
使用の際にはこのような注意や用法よく守り、推奨される濃度の範囲で用いましょう。

 

タグ :