清涼感のあるユーカリ・グロブルスの精油

絶大な生命力を持って繁栄してきた植物

清涼感のあるユーカリ・グロブルスの精油 header image 2

精油の主な芳香成分について

2014年02月07日 · コメント(0) · 未分類

ユーカリ・グロブルスはシャープでほんのり甘いハーブ系の香りが特徴です。気分をリフレッシュさせ元気にしてくれたり、抗ウイルス作用、去痰作用から呼吸器系全般にも有効です。また、花粉症の症状緩和にも効果があるとされています。
オーストラリアの原住民、アボリジニはユーカリを万能薬として重宝していたり、チフスやマラリア熱に有効とされ、マラリアが発生する国で生育しているという傾向もありました。

 
ユーカリ・グロブルスには1,8-シネオール、リモネン、そして森林浴の香りとも言われるα-ピネンなどの芳香成分が含まれています。
1,8-シネオールには喉などの粘膜の炎症を抑える作用、抗ウイルス作用、抗菌作用、去痰作用、免疫調整作用などがあります。ベポラップやトローチ、扁桃腺炎のシロップなどにも使用されている成分です。ユーカリ・ラディアータという精油にも1,8-シネオール成分は多く含まれていますが、ユーカリ・グロブルスの方が成分量が多いので、使用する際は長時間の利用を避け、使用量を少なくするとか、薄めて使用するなどの対策が必要です。リモネンにもリラックス効果、覚醒効果、ガンの予防および抑制効果、ダイエット効果、育毛促進・抜け毛予防効果、食欲増進効果など様々な効用があります。

タグ :